プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

雪の風情

2008/02/03(Sun) Category : 家族小景
朝から降りしきる雪

子どもたちの声

そり滑り、雪だるま、かわいいかまくら…

終日、遊ぶ声がした。

懐かしい…

かわいいかまくら

車の雪下ろしと雪かき

近所の人も出てくる

一緒にやっている-それだけで、人との距離が近くなる

悪天は人を結びつけてくれる

人との距離が遠くなり過ぎたとき、天変地異がやってくるのかもしれない




「鬼は~外、福は~内」

幼い子どもたちがギャーギャーと騒ぎまくった豆のぶつけ合いも今は昔

そーいえば、こんなに雪に見舞われた節分もなかった…




妻と買い物

ギュッギュッと雪を踏みしめる音が札幌を思い出させる

ほころび始めた梅の花が雪化粧していた。

雪化粧の梅


…おや、まだ子どもたちの黄色い声が聞こえる(^^)



関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

宝物ですね

共働きだとご近所と付き合うきっかけが生まれませんからね。アクシデントがきっかけを与えてくれます。
『自然の中では人間は無力です』-この無力さを知ると言うことが大切かもしれませんね。謙虚になれますから。


 

おっしゃる通りです

中越地震の時、それを感じました。
結婚と同時に住んだ借家では当時、共働きだった為、なかなか近所の方と親しくなる事ができなかったのですが、地震がきっかけで親しくなる事ができました。
地震は大変でしたが、助け合い、思いやりがいかに大切かを学びました。
自然の中では人間は無力です。
一人では何もできません。
ライフラインが止まった時は、近所の人との協力が不可欠です。
引越しした今でも、お隣さん一家とは仲良くお付き合いさせていただいています。
私の大切な宝物の一つです。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード