プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

見事な母親

2007/03/06(Tue) Category : 世代間連鎖
その人は嫁いでこられた方だった

歴史を紡ぐ大きな家
しかし、その空間は祖母に支配されていた

夫は社会的には認められているが
支配の中でしか生きられなかった

子供が生まれ
子供は引きこもった

「自律」のモデルを見ることが出来ず
子供は引きこもらざるを得なかったのだ

もう一つある…
母親が心配なのだ

 
Comment4  |  Trackback0
 
 

世代間連鎖を絶つチーム

2007/03/08(Thu) Category : 世代間連鎖
大殿様は言った。
「ワシは何もしなかった。ただ、鷹山を連れてきただけだ」

が、上杉鷹山が五家老にクーデターを起こされ大ピンチに陥ったとき、大殿は動いた。
かつての忠臣であった2名に切腹を命じ、クーデターを封じたのだ。

外から入ってきた改革派鷹山が最大の危機に見舞われたとき、旧権威が旧権力を封じたのだ。確かに大殿は何もしなかった。だからこそ、旧体制の中で権威になることが出来た。
その大殿が、これまで一度も抜かなかった伝家の宝刀を抜いた瞬間だった。
そして、それは大殿にしかできないことだった。

このように歴史を閉じ、新たな歴史を始めるには2人の役割連携が必要である。
1人は封印し、
1人は始める。


 
Comment4  |  Trackback0
 
 

スカイダイビングでの危機離脱

2007/04/10(Tue) Category : 世代間連鎖
スカイダイビングをされているから話を伺ったときのこと―


飛行機から降下する。
ある地点でパラシュートを開く。

が、開き方がおかしい。

開くまでは余裕を持ってフリーホールしていたが、
いざ開いた距離から下を見ると、
それまでとは比べものにならないくらい地面がぐんぐん近づいてくる。

焦る!

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

人生を楽しんで!

2007/05/02(Wed) Category : 世代間連鎖
新大阪発東京行きのぞみの最終に乗れず、名古屋泊まりとなった。
しかし、相談者にとってはとても大切な時間だった。

「日本広しと言えど、連鎖を絶つ仕事をされている方は他にいらっしゃらないですよね」
確かに私のアプローチの仕方は、私オリジナルなものであり、そういう意味で他にはいないかもしれない。

「それに中尾先生は論理的で分かりやすいですね」
確かに、感情や魂などの抽象的な問題をイメージしやすいように伝えようとしている。それは理論脳で物事を受け取り、それを感覚に訴えるように直感脳で表現する「さう脳」タイプということもあるのかもしれないが、それ以上に“実感”なのだ。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

泣いている彷徨い人(さまよいびと)たちへ(1)

2007/05/21(Mon) Category : 世代間連鎖
愛してほしい
あるがままの自分を認めてほしい
そして、手足(道具)にされた怒り

彷徨い人たちは、この3つを抱え込んでいる

愛情飢餓
ストローク飢餓
怒り-その本質は、自己の存在への不安、人と社会を信用できない恐怖、孤独への絶望、そして、そうさせてしまった親への怒り…

飢餓は、親への引力となって働く
怒りは、親への斥力となって働く

2つの力に挟まれて身動き取れないまま、彷徨い人たちは流されていく…


 
Comment4  |  Trackback0
 
 

泣いている彷徨い人たちへ(2)-自分と向き合うための心構え

2007/05/21(Mon) Category : 世代間連鎖
愛情飢餓(愛情欲求)、ストローク飢餓(承認欲求)、そして自己の存在への不安、人と社会を信用できない恐怖、孤独への絶望、そして、そうさせてしまった親への怒り…それらを抱えた「彷徨い人」たちが、どうすれば立ち直り、自分の人生を歩き始めることができるでしょうか。

立ち直るための最大の関所は、実は最初に来ます。


■1,先ず、一人になる
人がいると依存して逃げ続けるからです。
しかし、これが自分ではなかなかできません。それは次の3つの理由からです。
1)自分が育っていないので、自分で自分を支えきれないからこそ人に依存している
2)自分の存在に不安があるので、常に人を自分に依存させようとする
3)怒りのはけ口

1)&2)で「共依存」が成立します→そこから、あらゆる問題が生まれます(特に怒り)→それをなくしたいから、「自律」したい→自律するための第一歩は、一人になること→一人になるのは不安だ、怖い、嫌だ……

 
Comment5  |  Trackback0
 
 

泣いている彷徨い人たちへ(3)-親と向き合うための心構え

2007/05/23(Wed) Category : 世代間連鎖
世代間連鎖とは、そもそも親の心のコップが一杯一杯だから、そこから溢れたものを子どもが受け止め、その子どもの心のコップが満杯になって溢れ出し、孫が受け止め…単純化すればそういう構造だ。そもそも、親が満杯で受け止める余裕がないから問題が起こっているわけだ。

だから、親に受け止めてもらうためには、親の心のコップを空にし、子の気持ちを受け止めてもらい、子の心のコップが空になったら、孫の気持ちを受け止めて…という順番しかない。

私が家族カウンセリングで行っているのは、次のことだ。
1,全員の気持ちを受け止める(その人の人生を認め、心のコップを空にして受け止められる準備を整える)
2,互いの気持ちを相手が受け止めやすい、あるいは分かりやすい形で相手の心に運び込む。
3,世代間連鎖の問題とそれぞれの役割を明らかにする(覚悟が定まる)

この3つをするから、もつれた糸がほどけてくる。だから、効果があるのだ。

しかし、もう親は年老いて変えようがない。でも、何らかを伝えたい-そう思うこともある。そういうときは次の心構えで伝えてほしい。


 
Comment0  |  Trackback0
 
 

連鎖を絶つ歌 「マーラが与えた人生」

2007/06/22(Fri) Category : 世代間連鎖
今、離婚裁判を闘っておられる彷徨人さんが号泣されたという「100万本のバラ」。
意味深い原曲の原曲に遭遇してしまった…。

加藤登紀子が訳詞で歌うのはロシアのヒット歌謡(↓)。
★原曲 「百万本の深紅のバラ」(ロシア)


しかし、それにさらに原曲があった。
「マーラが与えた人生」

作られた国はラトビア。ロシア帝国に支配され、ソ連時代に独立→併合→再独立と、ロシアからの自律の闘いの歴史を繰り返している国だ。

そのラトビアで1981年に生まれた歌と言うから、せっかく独立したのに再度併合されて40年後、暗い時代のどん底の歌だ。
下記サイトによると「マーラ」は、ラトビアの生命と母性の女神で、ラトビア女性の名前によくあるらしい。
http://banyahaiku.at.webry.info/200701/article_13.html

ラトビアの母マーラは、ラトビアにどのような生(運命)を与えたのか。


 
Comment6  |  Trackback0
 
 

祖母-母-娘の愛情飢餓の世代間連鎖を断つやり方

2007/07/23(Mon) Category : 世代間連鎖
何らかの事情で親にあるがままの自分を認めてもらっていない子は、次のようになります。

1,親に受け止めてもらえない感情で自分が一杯一杯になっているため、いつも息苦しく、人の感情を受け止められません(それが夫や我が子であっても) 【愛情、感受性、思いやりに欠けるように見える

2,それらの感情が爆発しそうに自分を突き上げてくるので衝動的になります 【衝動的、キレやすい

3,あるがままの自分を受け止めてもらえないことに対する怒り、自分を道具扱いされる怒りがあり、怒りっぽくなります。アグレッシブになります 【怒りの衝動】。

 
Comment12  |  Trackback0
 
 

自分にとっての幸せを目指そう

2007/09/09(Sun) Category : 世代間連鎖
私はカウンセラーだ。
カウンセラーが目指すのは各自の自律である。

例えば子供が自律できていないとしよう。
子供達を自律に導くためには、なぜ現在自律できていないのかを理解する必要がある。

そのためには、「人間は環境の動物」であるから、どのような環境で育ったのかを知る必要がある。中でも、生まれてから現在に至る環境の中で、最も大きな影響を与えるのは親という環境だ。

酒鬼薔薇事件を起こした「少年A」が、特異な人間でも先天異常でもなく、実は親の思い通りに育っていたことが分かったとき、私は親という環境が無自覚であることの怖さを知った。
同時に、「子は親の鏡」という言葉の真意を知った。


 
Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード