プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

思いがけない贈り物

2006/02/11(Sat) Category : 家族小景
私の誕生日と息子の高校合格という嬉しいこと(私の誕生日は刺身の端だが)が2つ重なった日、食べに出ようかということになった。息子に聞くと、“あそこ”がいいという。

8年前に転勤で越してきた時のこと。“そこ”には、「ビクトリアステーション」があった。
時折ファミレスに行っていたのだが、そこは中が電車を模した造りになっていたので、当時小学生の息子はそこが大好きだった。また、そこはサラダやデザートが食べ放題なので、娘のお気に入りでもあった。

そして、そこに行くと2家族くらいが入れる個室で2時間ほどゆっくりと過ごした。その間にも隣の席では、後から来た客が2組入れ替わったりした。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

娘の成長を見守った雛人形

2006/03/03(Fri) Category : 家族小景
我が家にその端正な顔立ちの「お内裏様とお雛様」がやってきたのは、娘が生まれた翌年のひな祭り。
両親が贈ってくれた。

私たちが小さい頃、雛人形なんてなかった。
自分たちが親のときは余裕がなくて出来なかったことを、孫のためにしてくれたわけだ。正直嬉しかった。それまでにもデパートなどでいろいろと見ていたから、その顔立ちは美しいなぁと見ほれたものだ。

 
Comment2  |  Trackback0
 
 

中学校卒業式

2006/03/10(Fri) Category : 家族小景
娘の卒業式から早4年か。早いものです。

いろいろと話があったが、印象に残った一つは、保護者代表のお母さんの話。
入学する時は、これから身体が大きくなるだろうと大きめの制服を用意した。
しかし、最も大変だったのは心の成長を見守ることだった。


最も印象に残ったのは卒業生代表の話。
彼は、合唱コンクールで指揮役をやった。
クラスの中には面倒くさい者もいる。
しかし、押し付けては気持ちよく歌えない。気持ちよく歌えなければいい合唱にならない。
そこで、彼は来る日も来る日も伴奏者と2人で指揮の練習をし続けた…。

なるほど、皆が気持ちよく歌えるようにという思いを込めて指揮を振るその姿に皆がついてくるんだろう。

ほぅ…。中学生で。そういう導き方をする…脱帽
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

ぐうたら家族力?

2006/04/12(Wed) Category : 家族小景
帰宅すると、
妻はパソコン。
娘は大学の選択科目を物色中。
息子はコミック。

相変わらずリビングのコタツを中心に家族がたむろっている。

小腹が空いていたので、適当にみつくろって適当に会話し、遅まきの新聞見ながら食べる。

食べて一息。
寝転んで、コタツの中の娘の膝の上に足を乗っける。
娘が無言でくすぐり、足を引っ込める。
―これ、いつもの挨拶(^^;)。

息子の高校もちと気にはなるが、まぁ様子見。

…インコのチョビが鳴き、水槽の水ポンプの音。
相変わらずの日常が回っている。

家族っていいなぁ、ふと思う。

互いが無理なくそこにいる。

我が家はのんびりできるなぁ
―そう思いつつ湯船につかった。
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

ありがとう

2006/04/22(Sat) Category : 家族小景
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

おかえり

2006/06/06(Tue) Category : 家族小景
「ただいまー」

「お帰りー」
「お帰りなさい」
「お帰り」


たったそれだけのことだが、

ホッとする。



自分を迎え入れてくれる「場」がここにある

変わらないものが、ここにはある。


「家族」は、暖かいから家族なんだと思う。
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

遅ればせの「父の日」

2006/06/22(Thu) Category : 家族小景
明日はいよいよニッポン最終戦!
もとい、“第1ラウンドの”ニッポン最終戦!!

「朝4時から見ていい?」
と息子がいってきたので、早朝から観戦することになった。

で、なんとまぁ、10:00現在、家族全員就寝体制だ。


間際に、娘が大きな紙袋を持ってきた。
「何?」
と聞くと、「父の日のプレゼント」だって。
なんとまぁ、渡すのを忘れていたらしい(笑)。


枕でした!(^^)
これは寝心地良さそう。
明日は気持ちよく目覚めそうである。
いいタイミングでした♪


にしても、プレゼントもらうっていうのは、嬉しいもんだねぇ♪♪
ありがとう!

では、おやすみ。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

息子の悩み相談

2006/06/29(Thu) Category : 家族小景
夕食時、自信家のトラと気まぐれなチータとおとなしいたぬきが卓を囲んでいる。
合理的なおおかみは、映画を見に行っているので今日は遅い。

おとなしいたぬきがポツリと言った一言から、アドバイス合戦(?)が始まった。
気まぐれなチータは、自分も遭ってきた小中高それぞれのいじめ及びその克服の体験から、自信家のトラはその出逢いや出来事が意味していることなどの観点から。
それに、男性と女性のコミュニケーションの違い、過ごしてきた時代背景の違いも加わり、縦横無尽に意見が飛び交う。

時に具体事例にフォーカスし、時に抽象論に拡散し。
時に引き締め、時に緩め、時に追い風を送り。

まぁ、おとなしいたぬきが十言えば、自信家のトラと気まぐれなチータがフィフティ:フィフティで計百返す感じ(^^;)。

 
Comment0  |  Trackback0
 
 

テレビをつけない夜

2006/06/30(Fri) Category : 家族小景
テレビをつけないことのメリットは沢山ある。
なにより、静か。

中高の頃はホームドラマが好きで、大学時代は映画三昧だったはずが…、年のせいか興味が湧かない。
それより、静けさがいい。

次に、食卓に会話が戻ること。
食事の時間はゴールデンタイムとか言って、面白いものぶつけてくるから、たいてい目はテレビ釘付け。せっかくの料理もせっかくの会話のチャンスも締め出しを食らっている。

テレビが座の中心にいて、家族全員が一方的なおしゃべりに従属している図なんて、考えてみればなんとなく寂しい風景だ。

が、テレビがない静かな食卓だと、会話が始まる。
息子も求めるものがあるのだろう。しっかりと聞いている。
だから、落ち着いて会話がかみ合っていく。

手応えを感じた。
自分のサジェスチョンが相手にきちんと届いたときは、「聴いてくれてありがとう」と、こちらも心の中で手を合わせている。
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

七夕の願い

2006/07/07(Fri) Category : 家族小景
長旅より帰還。眠る前に一言。



みんな! 自分を大切に。



合い言葉は、


あなたも私もオッケ~♪



いつもいつも、ありがとう!!



よき、夢を-
 
Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード